お知らせ

コンテストの公平性についての私たちの考え方

MOTHER EARTH CUP ZEROは、動画の視聴期間の真っ最中ですが、まだ制作中、あるいはこれから制作する動画があります。

コンテストだから制作期間をそろえるべきだというご指摘をいただいていますので、それについての私たちの考え方をお伝えしておきたいと思います。

◎この1年間のいきさつ

今回のMOTHER EARTH CUP ZEROは、無償制作による動画の有料視聴回数によって評価するという新しい方式で、一年前の昨年10月10日にスタートしました。

皆さんの応援参加費から少しずつ制作費やシステムの運営・管理費をまかなうという、無償制作の新しい仕組みや考え方を理解してもらうのが難しかったり、ホームページに問題があったりして、当初はまったく応募がありませんでした。

説明会を開催して、少しずつ理解者を増やしていき、ホームページをリニューアルしてこの春から徐々に応募者が増え始めました。それでも、ある程度の応募者に達するのに時間を要し、何回も募集締切を延期せざるを得ず、視聴期間もどんどん短くなりました。

一方、応募者の皆さんに提出いただいた素材が制作に十分でないことも多く、何度も出し直してもらうなどして、素材がそろうのに想定以上に時間がかかりました。

視聴期間が短くなっただけでなく、制作の労力も想定以上となり、もともとボランティア的精神で協力を表明してもらっていたクリエイターの多くが、あまりにも割が合わないと抜けてしまい、制作体制が弱体となってしまいました。

こうして、制作に非常に時間がかかる事態となってしまいました。

◎視聴開始時期の判断

ただ、このマザーアースカップは、より多くの人たちにSDGsの達成に貢献する優れた技術や取り組みを知ってもらうのが最大の目的で、きちんと素材を用意してもらった応募者の動画の公開期間を十分取らないのは、目的に反し、逆に不公平になってしまうという考えから、思い切って8月に公開を始めました。

ただ、公平性の観点から、本格的な広報は動画がそろってからということで、これまで控えてきました。
パイロットプロジェクトの性格上、できるだけ多くの方を受け入れようということで、現時点でも、素材提出が大幅に遅れた企業・団体の動画の制作も進めていますが、まもなくすべての制作が完了します。

◎事務局の広報と応募者の呼びかけの2本柱

残す視聴期間はほぼ1ヵ月です。元々、MOTHER EARTH CUP ZEROでは、運営事務局の一般的な広報と、それぞれの応募者のつながりを活かした視聴呼びかけという2本柱で動画の視聴を増やしていこうとしていました。今後、本格的な広報と皆さんの積極的な呼びかけによって、視聴者をどんどん増やしていき、最終的には、視聴期間の違いの影響は誤差の範囲内で、実質的な不公平はなかったと言えるような結果をもたらすことを目指して活動していきます。

なお、公平性を確保する対策の一つとして、遅く公開した応募者が不利にならないよう、視聴サイトでの動画の掲載順を順次変えています。

◎フェアな呼びかけ

公平性という観点からはもう一つ、企業や団体や応援する方々がお金を出して票集めをするという問題も論理的には考えられます。マザーアースカップは広報が大きな目的ですから、視聴の呼びかけは最大限してもらいますが、もちろんお金を出して見てもらうのはNGです。

これまでお話しさせていただいた応募者の皆さんは、とても素晴らしい方々ばかりで、フェアに競っていただけると信じていますが、ご協力いただく皆さんも含めて、この点については、くれぐれもご注意いただきますようお願いしたいと思います。

◎マザーアースカップの未来

MOTHER EARTH CUP ZEROは、来年、第1回世界大会を開催するためのパイロットプロジェクトです。コンテストとして最善を尽くすのは当然ですが、本大会を成功させるために、今回のコンテストを通じて課題を発見することがとても大切です。
MOTHER EARTH CUP ZEROの運営をご覧になって、ここは改めた方がいいという点などありましたら、遠慮なくご指摘ください。

そして、最後にお伝えしたいのは、私たちの目的は、単にコンテストを成功させることではないということです。SDGsの達成に役立つ世界中の優れた技術や取り組みを、バーチャルアース「マザーアース」に動画で集積していき、教育やメディアなどに活用していくというその先の姿も徐々に見えつつあります。

皆さんの力を結集してこそ、マザーアースカップは成功し、その先の世界もはっきりと見えてくるはずです。
試行錯誤の日々ですが、引き続きよろしくお願いいたします。

MOTHER EARTH CUP ZERO運営事務局
代表 安在尚人

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP