お知らせ

視聴期間を11月15日まで延長します

MOTHER EARTH CUP ZEROの動画を公開していますが、9月末までとしていた視聴期間を11月15日まで延長させていただきます。表彰式は11月22日に実施の方向で調整中です。

表彰式を予定していた10月10日には、Beginning~始まりの時~vol.2を開催させていただきます。

応募者の皆さんとやり取りしながら素材を提出してもらって動画を制作してきましたが、その作業に時間がかかったのに加え、制作体制も十分でなかったために動画の制作が遅れてしまいました。

一方、第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)でのお披露目を計画していましたが、環境団体の国際的なネットワークが「参加国のワクチン接種状況に差があり、全ての国が平等に参加できない可能性がある」として延期を求める声明を発表しており、COP26の現場での表彰&お披露目イベントを準備するのは難しい状況です。

こうした事情を勘案して、思い切って視聴期間を延長させていただきました。

度重なるスケジュールの変更によって、応募者の皆さんや応援してくださっている皆さんにご迷惑をおかけしてしまい、たいへん申し訳ありません。

新しいスケジュールは以下の通りです。

◎10月10日(日)13時30分~16時30分 Beginning~始まりの時~2nd

◎10月31日(日)13時30分~16時30分 Beginning~始まりの時~3rd

◎11月15日(月) 応募動画の視聴終了

◎11月22日(月) 表彰式

昨日、応募者の皆さんとのミーティングを開催し、これまでの運営や今後のことについて意見交換をさせていただきました。

技術や活動を動画で表現できたことの喜びの声の一方で、公平性を求める意見なども出ました。

動画の視聴自体は8月から開始していましたが、動画制作の遅れから初めて訪れる方々には動画がそろった段階で見ていただこうと考え、これまで広報は控えてきました。

遅れていた動画の制作もほぼ山を越え、今後、本格的に視聴の呼びかけをしていこうと考えております。

厳密に考えれば、すべての動画がそろってから視聴を開始するという選択肢もありました。

しかし、私たちは、このコンテストの一番の目的は、できるだけ多くの人たちにSDGsに関連する素晴らしい技術や取り組みを知ってもらうことであることを考慮し、視聴開始時期をさらに遅らせることはしませんでした。

“公平性”とできるだけ広報に役立てようという思いとを考慮して、こうした選択をしてきました。

無償で動画を制作し、その視聴数で評価するという、これまでにない仕組みによるコンテストのパイロットプロジェクトということで、当初から想定通りにいかないことばかりでした。当初はまったく応募が集まらず、説明会を開いて一人ずつ丁寧に話をさせてもらったりして徐々に理解が広がり、最終的には60件を上回る応募が集まりました。

素材の撮影が困難などの理由で途中で辞退された方もいらっしゃいましたが、最終的には40件ほどの動画がそろう見込みです。

動画での発信を積極的にされていた方もいますが、多くはどちらかというと発信が苦手だった方々で、隠れた優れた技術やサービス、取り組みにスポットライトを当てていこうというコンテストの目的は、まず半分達成されたと考えています。

今後は、皆さんの素晴らしい技術や取り組みをできるだけ多くの方々に見てもらえるようにしようと考えています。

引き続き、よろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP